2011年1月10日月曜日

[C/C++] if文

if文は
    if (条件式) 文;
という書式です.
if文では条件式が成り立つ場合(true)には「文」を実行し,成り立たない場合(false)は何もしません.
if文を用いたプログラム例を以下に示します.

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  int i;

  printf("Input number: ");
  scanf("%d", &i);
  if (i>5)printf("The number inputed is greater than 5\n");

  return 0;
}

上記のプログラムをコンパイル,実行すると以下のようになります.
Input number: 7
The number inputed is greater than 5

プログラムの"scanf"はキーボードから入力した数値や文字を取り込むための命令で,プログラムのようにint型の値を変数iに取り込むためには
  scanf("%d", &i);
とします.
  scanf("%d", &i);
&はアンバサンドといい,変数の前に記載します.
また,"%d"をscanf変換文字と呼び,char型を読み込む時には"%c"を,float型を読み込む時には"%f"を,double型を読み込む時には"%lf"を用います.

0 件のコメント :

コメントを投稿