2016年2月14日日曜日

[Raspberry Pi]コマンド操作

Raspberry PiのOSであるRaspbianの基本操作は,コマンド入力です.
コマンドの書式の基本は,以下のようになります.

          $ コマンド名 オプション 対象となるファイル,フォルダ名

ターミナルからのコマンド入力例を以下に示します.
・現在のディレクトリ名を表示する
          $ pwd
 通常は,オプションはありません.
・ディレクトリの中のファイル名を一覧表示する
          $ ls
 ディレクトリの中にあるファイル,サブフォルダをリストアップするコマンド.
 詳細表示する場合は,"-i"というオプションをつけます.
・別のディレクトリに移動する.
          $ cd Desktop
 一つ上位のディレクトリに移動する際には,以下のようにピリオドを二つ入力する.
          $ cd..
・ファイルを別のディレクトリに移動する.
          $ mv xxx yyy
 上記の例では,"xxx"は移動するファイル名を表し,"yyy"はファイルの移動先のディレクトリを表します.
・ディレクトリを新規に作成する.
          $ mkdir xxx
 上記の例では,"xxx"は新規作成するディレクトリを表します.
・テキストファイルの内容を表示する.
          $ cat text
 テキスト形式でないファイルを表示しようとすると,文字化けします.
・ディレクトリやファイルを削除する.
         $ rm -rf xxx
 上記の例では,"xxx"は削除するディレクトリやファイル名を表します.
・キー入力をそのまま表示する.
         $ echo Raspberry Pi
 上記の例で"Raspberry Pi"は,表示したい文字列であり,"Raspberry Pi"である必要はありません.
・OSをアップデートする.
         $ sudo apt-get update

他にも様々なコマンドがあり,Linuxのコマンドと同様です.

ターミナルでの実行例


R0001653
https://www.flickr.com/photos/hidehikomurao/26856804662/in/dateposted-public/

0 件のコメント :

コメントを投稿